伝統工芸士 上川宗照 作品
銀製 至福の盃 「煌月」


信楽焼伝統工芸士 日光氏とのコラボレーション!

反射率を綿密に計算し、独特の鏡面研磨技法を駆使して完成させた銀製杯!


お酒など透明な飲み物を注ぐと月が浮かび上がる酒盃


伝統工芸士 上川宗照 作品  銀製 至福の盃 「煌月」
現代の名工金銀器伝統工芸士 上川宗照氏と信楽焼伝統工芸士 日光氏とのコラボレーションで生まれました。
手にしっくりなじむ程よい重さ、外面は信楽焼の伝統色、内面は長年の経験に裏打ちされた銀素材の特性を熟知し、反射率を綿密に計算し、独特の鏡面研磨技法を駆使して完成させた銀製杯、それが至福の盃「煌月」です。
お酒など透明な飲み物を注ぐと月が浮かび上がるという、ロマンチックな嬉しい驚きに包まれます。
至福の盃「煌月」は時と場所を選ぶことなく、幸せの「珠(月)」を盃に浮かべ愉悦の時を過ごせる浪漫あふれる酒盃です。

金銀器伝統工芸の名工 伝統工芸士 上川宗照 略歴
昭和20年東京都生まれ
江戸時代末期の名匠「平田禅之丞」の直系継承者である初代上川宗照を父に持ち日々鍛錬を重ね昭和52年に二代目上川宗照を襲名し、江戸時代末期から11代続く技を継承。
平成17年経済産業大臣より東京銀器伝統工芸士として認定される。
平成18年東京都優秀技能者・東京マイスター知事賞受賞。
平成21年東久邇宮文化褒章受章。現代の名工と称される卓越技能賞を受賞。


得意な技法:
打込象嵌技法(鎚金技法の中でも最も高度な技法)
彫金加工(タガネを用いた伝統技法)
槌目打ち技法(均一に表面を装飾する打ち出し技法)

主な作品 :
常陸宮殿下御成婚記念純銀製銚子
大相撲NHK杯銀杯
バドミントン世界大会純銀優勝トロフィーなど


口径 85mm
高さ 35mm
容量 50cc
付目 約116g
陶器色 赤、青(信楽焼)
付属品 上質桐箱、作家略歴
※在庫の都合により、お届けまで1カ月ほどかかる場合がございます。

銀製 至福の盃 「煌月」
 33,334円(税抜)
※「税込価格」は下の「カゴに入れる」ボタンをクリックすると表示されます。
※赤、青、お好みの色をお選びください。




「伝統工芸士 上川宗照 作品  銀製 宮本武蔵モデル 瓢箪鯰 根付」:携帯電話や財布に!

「伝統工芸士 上川宗照 作品  純銀製 左馬 根付」:縁起の良い招福のシンボル!


伝統美・工芸品アクセサリーへ


ご注文・お支払い方法・送料》 《法規表示》 《TOPページ